H3C switch設定例

H3Cのスイッチを設定したのだがciscoと違って情報が少ない。
メモ代わりに。

【権限モード】
system-view

【Vlan作成】
vlan 10
vlan 20

【Vlan確認】
display vlan

【http接続】
ip http enable
※初期ユーザー何でログインすればいいのかがわからない。
知ってたら教えてください!

【Vlanにipをふる】
interface vlan-interface 10
ip address 192.168.1.2 255.255.255.0

【インタフェース確認】
display interface brief

【ポートにVLANを割り当てる】
vlan 10
port g1/0/1 to g1/0/8
※toコマンドでレンジ指定

【設定保存】
save
Y enter
enter

【現在のコンフィグ】
display current-configuration

【ホスト名】
sysname ホスト名入力

【リンクアグリゲーション&トランク】
/リンク作成
interface bridge-aggregation 1

/ポート割り当て
interface g1/0/23
port link-aggregation group 1

/リンクアグリゲーション設定方法
interface bridge-aggregation 1
port link-type trunk
port trunk permit vlan 10 to 20

【telnet設定】
telnet server enable
user-interface vty 0
user privilege level 3
set authentication password simple パスワード入力
protocol inbound telnet

【NTP設定】
ntp-server unicast-server X.X.X.X

【アドミンパスワード】
user-interface aux 0
authentication-mode password
set authentication password simple パスワード入力

【その他】
補完機能 tab
履歴機能 ↑



NETWORK×NETWORK
http://network-cisco.seesaa.net/
posted by smile | Comment(0) | L2switch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タグVLANとVLANIDの違いとは?

タグVLANとVLANIDの違いとは?

VLANとはLANスイッチでブロードキャストドメインの範囲を
区切る方法の一つである。
VLANを利用することで物理的には一つのスイッチが論理的には
別々に切り離された複数のスイッチにつながるイメージである。

【タグVLAN】
タグVLANとはLANで使用するフレームにVLAN番号を記して、
フレーム単位でVLANを区別する方式である。
通常は複数のLANスイッチを接続するために使用する。
タグ情報の記述方法はIEEE802.1Qとして標準化されている。
タグVLANとVLANIDの違いとは?

※パソコンでタグVLANを使用したい場合は対応のNICを用意して
タグVLANの設定を行う必要がある。

【VLAN ID】
VLAN IDとはLANスイッチのポート(LANを挿す口)に
VLAN ID(VLAN識別番号)を割り当てるポートVLANという方式である。
同じVLAN IDが設定されているポートに接続されたパソコンや
サーバーが一つのLANとして通信を行うことができます。
タグVLANとVLANIDの違いとは?


【設定例】
タグVLANとVLANIDの違いとは?

NETWORK×NETWORK
http://network-cisco.seesaa.net/
posted by smile | Comment(2) | VLAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チーミング時のswitch設定

サーバでチーミングを行うときのスイッチの設定は
どうなるのか?

サーバでのチーミングで一般的なのは、
フォールトトレランス (Fault tolerance)
アダプター部分の冗長化を実現する機能。
アダプターをプライマリー (稼動) とセカンダリー (待機) の
2 種類に設定したうえで、プライマリー・アダプターが他の
ネットワークとの通信を行います。

アダプター自体やLANケーブル、接続されたポートなどにおいて
障害が発生し、通信ができない状態になったときに、セカンダリー側の
アダプターがそれまでのプライマリー側の設定を引き継いで動作する。
インテルホームページ参照

今回はサーバのアダプタによるアダプター・フォールト・トレランス (AFT)
を行いCiscoのL2Switch2台に接続することにした。

チーミング ネットワーク


1.Switch1とSwitch2をカスケード接続します。
(もしくはスタック接続)

2.サーバーのNIC1とNIC2でAFTを構成します。

3.両方のSwitchでスパニングツリープロトコル(STP)をVLAN単位で無効にする。
スパニングツリーではなくプローブパケットでNICの状態を確認するため。
no spanning-tree vlan 10



NETWORK×NETWORK
http://network-cisco.seesaa.net/
posted by smile | Comment(0) | Cisco | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポート表 テンプレート

ポート表 テンプレート
簡易版です。

ポート表テンプレート


NETWORK×NETWORK
http://network-cisco.seesaa.net/
posted by smile | Comment(0) | 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セグメント一覧 テンプレート

セグメント一覧 テンプレート
とりあえず10.0.0.0
セグメント一覧テンプレート


NETWORK×NETWORK
http://network-cisco.seesaa.net/
posted by smile | Comment(0) | 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
login
その他リンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。