TOP OF THE NETWORK×NETWORK

TOP OF THE NETWORK×NETWORK
http://top-network.seesaa.net/

NETWORK×NETWORKのまとめサイトをつくってみた!

TOP OF THE NETWORK×NETWORK
http://top-network.seesaa.net/



NETWORK×NETWORK
http://network-cisco.seesaa.net/
posted by smile | Comment(2) | CISCO NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シスコシステムズ、通信速度322Tbpsの超高速ルータ「CRS-3」を発表

シスコシステムズ、通信速度322Tbpsの超高速ルータ「CRS-3」を発表

CNET Japan

 Cisco Systemsは、同社ビジネスの根幹は今もまだルータで
あるということを改めて主張している。しかし、今回の場合、
それは普通のルータではないかもしれない。

 Ciscoは米国時間3月9日、世界の大手インターネットサービス
プロバイダー(ISP)向けに同社の次世代インターネットルータ
である「Cisco CRS-3 Carrier Routing System(CRS)」を発表した。
Ciscoはこの発表について少々大げさに宣伝しすぎだったかも
しれない。同社は「インターネットを永久に変える」とした発表を
2週間かけてカウントダウンし、「CRS-1」と呼ばれる既存の
「コア」ルータのアップグレード版のように見える製品を披露した。

 大規模な宣伝によって真に革命的な部分が正確に伝わらなかった
かもしれないが、それでもCiscoの発表が重要であることに変わりは
ない。この新しいルータは、旧世代ルータの12倍のトラフィック容量を
提供する。2004年に発売された旧機種のCRS-1と比べると、3倍以上
高速だ。そして、Ciscoによると、CRS-3は毎秒322テラビットのデータ
処理が可能で、中国の全国民が同時にビデオ通話を行っても大丈夫だ
という。

提供:Cisco Systems  
新ルータの基本価格は9万ドルで、世界の大手ISPを対象に販売される
予定だ。これらの大手ISPは、10Mbpsのブロードバンドサービスを
消費者に提供している、一般的なISPではない。

AT&TやVerizon Communications、Level3、Sprintといったこれらの
企業は、「インターネットバックボーン」として知られているものを
通じて、米国の大量のインターネットトラフィックを集積したり、
転送したりするISPである。

 Ciscoの新ルータが導入されても、一般のブロードバンド利用者は
変化に気づかない可能性が高い。しかし、利用者は時間がたつに
つれて、アップグレードされたインフラストラクチャの恩恵を実感する
ようになるだろう。CiscoのCRS-3を利用することで、これらの
インターネット・バックボーン・サービス・プロバイダーは容量を
増強可能になり、特にHDテレビやビデオ会議、3Dテレビのような動画
ベースのサービスがマスマーケットで提供されるようになる。

 Ciscoの最高経営責任者(CEO)であるJohn Chambers氏は、この新
ルータは、動画のおかげで急激な成長が予想される次世代インターネット
の基盤としての役割を果たすと述べた。

 「動画はキラーアプリケーションだ」とChambers氏は述べる。
「動画はインターネットを活気づかせる。
そして、これからネットワーク上に登場するデバイスの多くは、
迅速に動画に対応するだろう」(Chambers氏)

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

中国人が一斉にネットを使う日はさすがにこないでしょ・・・
けど中国というキーワードが出てくるくらい中国は注目される
国に成長したんですね。

やはり今後アジアで注目されるのは・・・
タグ:シスコ CISCO

NETWORK×NETWORK
http://network-cisco.seesaa.net/
posted by smile | Comment(0) | CISCO NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シスコやチェック・ポイントが会場で披露

いつでもどこでも「安全なデスクトップ」目指す新製品

2010/03/04

 米シスコはRSA Conference 2010の開催に合わせ、
モバイル環境向けの新しいセキュリティアーキテクチャ
「Cisco Secure Borderless Network」を発表した。
信頼できるネットワークを自動的に探し出し、
「常時オン」のVPN接続を実現することが特徴という。

 米シスコのセキュリティテクノロジ担当バイス
プレジデント兼ジェネラルマネージャ、トム・ギリス氏は、
このアーキテクチャの役割は、企業の内と外とを隔てる
境界があいまいになった世界において「安心・安全で、
シームレスなアクセスを、いつでもどこでも実現する
ことだ」と述べた。

既存のVPN技術を活用すれば、安心安全なアクセスは
可能だが、問題は移動中など確実な接続が確保できない
状況だ。「この場合、PCを取り出して起動して、
公衆無線LANサービスを探してログインして、そこから
またVPNを立ち上げてログインし、場合によっては
パスワード期限が切れていて再発行を依頼する、などと
いう非常にストレスの溜まる経験をすることになる」
(ギリス氏)。

これに対し新アーキテクチャは、ソフトウェア側で
自動的に利用可能な接続方法を探し出し、面倒な
ログイン作業を経ることなくアクセスできるように
するという。

続きを見る・・・

NETWORK×NETWORK
http://network-cisco.seesaa.net/
posted by smile | Comment(0) | CISCO NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三機とシスコ、BA/ITネットワークを統合するビル管理ソリューション発表

三機とシスコ、BA/ITネットワークを統合するビル管理ソリューション発表




NETWORK×NETWORK
http://network-cisco.seesaa.net/
posted by smile | Comment(0) | CISCO NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シスコ、SMB向けストレージファミリ「Cisco Smart Storage」を発表

シスコ、SMB向けストレージファミリ「Cisco Smart Storage」を発表

cnet Japan

Cisco Systemsは米国時間6月9日、中堅中小企業(SMB)向けの
ストレージポートフォリオを発表した。

 「Cisco Smart Storage」と呼ばれるこのストレージファミリは、
ビジネスアプリケーションがバンドルされたデスクトップ型
ネットワークストレージ製品で構成されている。
このストレージラインアップは、従業員が100人以下の
小規模企業をターゲットにしている。

 Ciscoが声明の中で述べたところによると、この製品ファミリ
(「Cisco Small Business NSS 300 Series Smart Storage」という、
あまり語呂が良くない名前が付けられている)は2ベイ、4ベイ、6ベイ
のデスクトップ型ネットワークストレージユニットで構成されている
という。

 主な特徴は次のとおり。

・2テラバイトのドライブを使用して最大12テラバイトの容量に対応。
・Cisco Smart Storageはウェブサーバや「WordPress」、
ユーザー認証およびネットワーク管理などのソフトウェアを内蔵。
・オンディスクのデータ暗号化。
・ブラウザから利用可能な設定画面。
・仮想化環境での拡張が可能。
・電源のオンとオフのスケジュールを設定可能。

 Ciscoによると、Small Business NSS 300 Series Smart Storageの
ユニットの価格はモデルによって913ドル〜5625ドルになるという。
3年間のテクニカルサポートは149ドルで購入することができる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日
インタラクティブが日本向けに編集したものです。
タグ:シスコ CISCO

NETWORK×NETWORK
http://network-cisco.seesaa.net/
posted by smile | Comment(0) | CISCO NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
login
その他リンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。