タグVLANとVLANIDの違いとは?

タグVLANとVLANIDの違いとは?

VLANとはLANスイッチでブロードキャストドメインの範囲を
区切る方法の一つである。
VLANを利用することで物理的には一つのスイッチが論理的には
別々に切り離された複数のスイッチにつながるイメージである。

【タグVLAN】
タグVLANとはLANで使用するフレームにVLAN番号を記して、
フレーム単位でVLANを区別する方式である。
通常は複数のLANスイッチを接続するために使用する。
タグ情報の記述方法はIEEE802.1Qとして標準化されている。
タグVLANとVLANIDの違いとは?

※パソコンでタグVLANを使用したい場合は対応のNICを用意して
タグVLANの設定を行う必要がある。

【VLAN ID】
VLAN IDとはLANスイッチのポート(LANを挿す口)に
VLAN ID(VLAN識別番号)を割り当てるポートVLANという方式である。
同じVLAN IDが設定されているポートに接続されたパソコンや
サーバーが一つのLANとして通信を行うことができます。
タグVLANとVLANIDの違いとは?


【設定例】
タグVLANとVLANIDの違いとは?



NETWORK×NETWORK
http://network-cisco.seesaa.net/
posted by smile | Comment(2) | VLAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VLAN(Cisco+ProCurve構成)

BLADE2台とCiscoスイッチを下の図のように
三角構成にする必要がでてきました。
procurve

三角構成とはいえvlanが異なるので
本来はspanning-treeが働くことはありません。

しかし実際にはspanning-treeが働いてしまい
下の図の×の箇所がきれてしまいます。
spanning-tree

どうしてスパニングツリーは働いてしまうのでしょうか。

Cisco機器ではPVST(Per-VLAN Spanning Tree)がデフォルト
になるのでVLANを作成すると作成したVLANの番号が
VLANIDとなりスパニングツリー番号となります。
HP-PROCURVE

ProCurveスイッチではVLANを作成するとすべてが
スパニングツリー1に属してしまいます。
HP-PROCURVE
青い箱のVLAN番号と赤い箱のスパニングツリー番号が
違いますね。

赤い箱のスパニングツリー番号がすべて1となっています。
この状態で三角構成を作るとすべてがスパニングツリー1と
認識してしまいスパニングツリーが働きます。

そこでスパニングツリー番号を変えていきます。
HP-PROCURVE
VLAN551はスパニングツリー1のままですが、
VLAN552はスパニングツリー2となっています。
これで違うスパニングツリーに参加したことになるので
三角構成を組んでもスパニングツリーは働きません。

※実際にはスパニングツリー番号をVLANとあわせて
あげるのがいいです。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

いつもCISCO製品ばかり扱っていたので
スパニングツリーが働く理由がわかりませんでした。

わかってしまうと簡単なことなのですが、
わかるまでが大変でした。
やっぱり知識というのは重要ですね〜

もうちょっと精進します☆






タグ:CISCO HP VLAN

NETWORK×NETWORK
http://network-cisco.seesaa.net/
posted by smile | Comment(0) | VLAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
login
その他リンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。