タグVLANとVLANIDの違いとは?

タグVLANとVLANIDの違いとは?

VLANとはLANスイッチでブロードキャストドメインの範囲を
区切る方法の一つである。
VLANを利用することで物理的には一つのスイッチが論理的には
別々に切り離された複数のスイッチにつながるイメージである。

【タグVLAN】
タグVLANとはLANで使用するフレームにVLAN番号を記して、
フレーム単位でVLANを区別する方式である。
通常は複数のLANスイッチを接続するために使用する。
タグ情報の記述方法はIEEE802.1Qとして標準化されている。
タグVLANとVLANIDの違いとは?

※パソコンでタグVLANを使用したい場合は対応のNICを用意して
タグVLANの設定を行う必要がある。

【VLAN ID】
VLAN IDとはLANスイッチのポート(LANを挿す口)に
VLAN ID(VLAN識別番号)を割り当てるポートVLANという方式である。
同じVLAN IDが設定されているポートに接続されたパソコンや
サーバーが一つのLANとして通信を行うことができます。
タグVLANとVLANIDの違いとは?


【設定例】
タグVLANとVLANIDの違いとは?



NETWORK×NETWORK
http://network-cisco.seesaa.net/
posted by smile | Comment(2) | VLAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始めまして
ランキングサイトからお邪魔しました
大変構成等勉強になります。
当方、
Blog:貴方の未来を左右する最高の情報特集
URL:http://goodzyouhou.blog.fc2.com/
またお邪魔させてもらいます
ランキングにポチ
Posted by bunbun at 2012年01月25日 17:14
この内容は「タグVLANとVLANIDの違いとは?」ではなく、「タブVLANとポートVLANの違いとは?」だと思います。
Posted by 森平翔一 at 2012年09月20日 15:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ブログパーツ
login
その他リンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。