チーミング時のswitch設定

サーバでチーミングを行うときのスイッチの設定は
どうなるのか?

サーバでのチーミングで一般的なのは、
フォールトトレランス (Fault tolerance)
アダプター部分の冗長化を実現する機能。
アダプターをプライマリー (稼動) とセカンダリー (待機) の
2 種類に設定したうえで、プライマリー・アダプターが他の
ネットワークとの通信を行います。

アダプター自体やLANケーブル、接続されたポートなどにおいて
障害が発生し、通信ができない状態になったときに、セカンダリー側の
アダプターがそれまでのプライマリー側の設定を引き継いで動作する。
インテルホームページ参照

今回はサーバのアダプタによるアダプター・フォールト・トレランス (AFT)
を行いCiscoのL2Switch2台に接続することにした。

チーミング ネットワーク


1.Switch1とSwitch2をカスケード接続します。
(もしくはスタック接続)

2.サーバーのNIC1とNIC2でAFTを構成します。

3.両方のSwitchでスパニングツリープロトコル(STP)をVLAN単位で無効にする。
スパニングツリーではなくプローブパケットでNICの状態を確認するため。
no spanning-tree vlan 10





NETWORK×NETWORK
http://network-cisco.seesaa.net/
posted by smile | Comment(0) | Cisco | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ブログパーツ
login
その他リンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。