RSPAN(リモートSPAN)

ネットワーク機器をまたいでSPANを行う方法です。

RSPAN

【Switch-A】
Switch-A(config)# vlan 88
Switch-A(config-vlan)# remote-span ←RSPANを設定

Switch-A(config)# monitor session 1 source interface FastEthernet 0/10
Switch-A(config)# monitor session 1 destination remote vlan 88

Switch-A(config)# interface FastEthernet 0/1
Switch-A(config-if)# switchport trunk encapsulation dot1q
Switch-A(config-if)# switchport mode trunk
←RSPANを行うときは必ずトランクポートにて行う


【Switch-B】
Switch-B(config)# vlan 88
Switch-B(config-vlan)# remote-span

Switch-B(config)# monitor session 1 source remote vlan 88
Switch-B(config)# monitor session 1 destination interface FastEthernet 0/24

Switch-B(config)# interface FastEthernet 0/1
Switch-B(config-if)# switchport trunk encapsulation dot1q
Switch-B(config-if)# switchport mode trunk


個人的には、ややこしい割りにそこまでメリットはないように
思います。だってトランクするのにポートも使ってるし・・・


タグ:CISCO シスコ

NETWORK×NETWORK
http://network-cisco.seesaa.net/
posted by smile | Comment(1) | SPAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SWの名前が違う。
図(SW1)とコンフィグ(Switch-A)。
Posted by S at 2013年03月06日 10:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ブログパーツ
login
その他リンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。